カズレーザー(メイプル超合金)

写真拡大

11日深夜放送の「お願い!ランキング 1部」(テレビ朝日系)で、お笑いコンビ・メイプル超合金のカズレーザーが相談者の悩みを絶賛した。

番組では、株式会社ミクシィの女性広報が登場し、メイプル超合金のふたりに悩みを打ち明けた。この女性はミクシィが提供する配信ゲーム「モンスターストライク」が好きすぎで困っているのだという。

広報の女性は、ゲームにハマりすぎて、「一日中ゲームのことを考えてしまう」のだとか。夜9時になると「降臨」と称してレアなモンスターが出現するため、友人と飲み会をやっているときも気になり、トイレにいってプレイしてしまうという。「降臨」に合わせ、自らの一日のスケジュールも組んでしまうらしい。

この話を聞いたカズレーザーは、悩みを解決する方法として「毎日考え続けてください」と提案し、「新しいことを生み出すには考え続けるしかない」と説明した。そして「この悩みこそが広報として100点」だと広報職の彼女を絶賛したのだった。自社のゲームが面白すぎて生活に支障が出るのは「最高の悩み」であり、「それほど面白いのか」という興味心をくすぐってくれると説明した。

その一方で、カズレーザーは「自分より目上の人と何かするときは『降臨』が来ても、一応我慢したほうがいい」と広報を諭しつつ、「よく今日、収録中我慢できましたね」と褒めていた。

【関連記事】
メイプル超合金・カズレーザーが最もやりやすい共演者
カズレーザーがテレビ局の問題点を指摘「メディアリテラシーが本当にない」
安藤なつが「ブランチ」リポーターに反撃 高額家賃を吐かせる事態