小倉智昭氏

写真拡大

12日放送の「とくダネ!」(フジテレビ系)で、小倉智昭氏が、バラク・オバマ米大統領の退任演説にツッコミを入れた。

番組では、オバマ大統領が行った退任演説の模様をVTRで取り上げた。日本時間の11日、オバマ大統領は会見に臨み、「私たちはできる(Yes, we can!)」「私たちはやり遂げてきた(Yes, we did)」という言葉を発して、その場の聴衆を沸かせた。



しかしVTR後、小倉氏は「あの〜、8年やったオバマさんが『Yes, we can』って言っても、『えっ、そんなに実績上げてくれなかったじゃない』って思う人いますよね」と指摘。コメンテーターの為末大氏も「オバマさんって世界中から愛されるんだけど、一方で、『俺たちの明日の生活を』って思ってるアメリカの国民に対して、難しいなと思うんですけどね」とコメントした。

また、オバマ大統領が「私たちはやり遂げてきた」と語りかけたことに、小倉氏は「そんなにやれなかったから、(次期大統領のドナルド・)トランプさんに票が集まったと思うんですけど」とチクリ。そして、「対中国問題であるとか、イスラエルの問題であるとか、もう彼(オバマ大統領)がどういう考えを持っているのかって聞きたいこといっぱいあるんですけど」と在任中の対外政策についてのオバマ氏本人の見解に興味を示し、話をまとめていた。

【関連記事】
土田晃之 ドナルド・トランプ氏の米国大統領に期待「オバマさんより全然いい」
赤江珠緒アナがオバマ大統領の演説に苦言「スピーチはそうでもない」
小籔千豊 オバマ米大統領の広島訪問に不満「バリバリのときに来てや」