講談社エリート編集者の「嘘と虚像」 変わる供述、家庭での姿

ざっくり言うと

  • 講談社エリート編集長の「嘘と虚像」について東スポが報じている
  • 二転三転する供述が嘘なら、報道される職歴には虚像めいた一面があるという
  • 妻にとっては決して納得できるイクメンではなかったと内部関係者は語った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング