朴容疑者が一家6人で暮らしていた自宅

写真拡大

 大手出版社の講談社が前代未聞の事件に見舞われた。漫画誌「週刊少年マガジン」の副編集長などを歴任した同社編集次長の朴鐘顕(パク・チョンヒョン)容疑者(41)が10日、妻殺害の容疑で警視庁に逮捕されたのだ。仕事では大ヒット漫画「進撃の巨人」にも関わったエリート編集者。私生活では4人の子供を溺愛するイクメン。メディアでも盛んに「敏腕」「子煩悩」と持ち上げられているが…。本紙の取材で浮かび上がったのはその“うそと虚像”。夫婦に一体何があったのか――。

「1本でもヒット作を生み出せば、十分将来の編集長候補だが、彼の場合は5〜6本ある。仕事は本当にできるし、4人の子供もかわいがっていた。それがまさかこんなことになるなんて…」

 そう語るのは講談社の男性社員。コミック累計発行部数2000万部を超える「七つの大罪」やヤンキー漫画「GTO」などを担当した敏腕編集者に殺人容疑がかけられている。

 事件が起きたのは昨年8月9日の未明。文京区千駄木の自宅で、妻の佳菜子さん(38)が玄関先の階段の下で倒れているのを朴容疑者が発見し、119番通報した。

 駆けつけた警察官に朴容疑者は「妻は階段から転落した」と説明。しかし司法解剖の結果、死因は窒息死で、首には絞められたような痕があることがわかった。

 外部からの侵入者も確認できなかったことから、当局は“密室殺人”の線で捜査を開始。同容疑者は「実は妻は首つり自殺した」や「帰宅すると、妻が包丁を持って立っていた。それで彼女を押し倒したら、知らぬ間に動かなくなっていた」などと、話を二転三転させた。

「供述内容に一貫性がなく、当局は朴容疑者がうそをついていると踏んでいる。キーマンは事件当時、家にいた子供たち。父親が口止めしている可能性もあるため、慎重に事情を聴いている」とは捜査関係者。

 事件から5か月、妻への殺人容疑で逮捕された同容疑者は調べに「妻を手にかけることはありません」と容疑を否認している。

 コロコロ変わる供述がうそなら、各メディアで報道されている職歴には虚像めいた一面がある。同容疑者は京都大学法学部卒業後、1999年に講談社に入社。「週刊少年マガジン」の業務と並行して、2009年に新たに「別冊少年マガジン」を立ち上げ、編集を中心的に担っていた。そこで世に放たれたのが、諫山創さん原作の大ヒット漫画「進撃の巨人」。累計発行部数は6000万部を超える。

 こうした経緯から、同容疑者を「進撃――」の元編集担当と紹介するメディアもあるが、前出の男性社員は「『進撃――』を見いだしたのは若手の編集者で、朴さんは直接担当していない。強いて言うなら、掲載にGOサインを出したレベルです」と強調する。

 事件のせいで「進撃――」までもが風評被害に遭っており、講談社は火消しに奔走。同社社員によると「現在の担当者は慌てて作者のもとに向かい、ケアに当たっている」という。

 さらには事件の根幹に関わる部分にも“うそ”が疑える。同容疑者には妻との間に4人の子供がおり、次女が生まれた12年には講談社の男性社員として初の育児休暇を取得するなど「イクメン」で通っていた。ツイッターでも「僕は結婚してから3回しかエッチしていません!子どもは3人います!!!3回で3人います!!!!」(12年9月23日付)とアピールしていたが…。

「彼が子煩悩なのは間違いないし、一般家庭に比べれば、育児に協力的だったと思う。ただ、奥さんに言わせれば『そんなの当たり前』。家庭によってイクメンかどうかは違うものなのです」

 妻にとっては決して納得できるイクメンではなかった、と語るのは事情を知る内部関係者だ。結局4人の子供の面倒をみるのは妻。そのしんどさは想像に難くない。加えて同容疑者は昨年6月に「モーニング」編集部に異動となり、編集次長として仕事中心の生活に拍車がかかった。

「深夜帰宅も増え、妻の子育ての比重はさらに高まった。妻は育児ノイローゼ状態となり、夫の仕事量や帰宅時間にまで口を出すようになっていた。夫が帰宅した途端に『なんで私ばっかりこんな目に遭わなきゃいけないの!』と詰め寄り、言い争いになることもあったそうだ」(同)

 事件当日も同容疑者は深夜に帰宅。子育てをめぐり口論となり、衝動的に犯行に及んだ可能性も指摘されている。真相究明が待たれる。