スタナ・カティック

写真拡大

米ABCの人気犯罪捜査ドラマ『キャッスル〜ミステリー作家は事件がお好き』で8シーズンにわたって主役コンビの一人、ケイト・ベケット刑事を演じていたスタナ・カティック。彼女が主演を務める新作ドラマ『Absentia(原題)』に参加する新キャストが発表された。米Deadlineが報じている。

AXNが製作する本作は、ボストンで最も悪名高い連続殺人犯を追い続けていた女性FBI捜査官(スタナ)が突如跡形もなく姿を消し、死んだことにされてしまうというクライム・スリラー。6年後、彼女は森の中にある小屋で発見されるが、失踪した時の記憶をなくしていた。自宅に戻ると、夫は再婚し自分の息子もその再婚相手に育てられており、そこで彼女は自分自身が連続殺人事件に巻き込まれていたことを知る...というストーリー。主人公の夫役は、『ゴシップガール』『グッド・ワイフ』『BONES』といった人気ドラマにゲスト出演し、『キャッスル』でスタナとも共演歴があるパトリック・ヒューシンガー。脚本&製作総指揮はマット・シラルニック(『Paid in Full(原題)』)、監督はオーデッド・ラスキン(『Special Ops(原題)』)が務める。

このほど出演が決まったのは、エンジェル・ボナンニ(『フロントライン・ミッション』)、ニール・ジャクソン(『スリーピー・ホロウ』)、カーラ・テオボルド(『ダウントン・アビー』)、ブルーノ・ビチル(『ナルコス』)、ラルフ・アイネソン(『ゲーム・オブ・スローンズ』)の5人。10話構成の本作は、ヨーロッパにて撮影がスタートしており、今年後半から放送開始予定。(海外ドラマNAVI)