『ハンニバル』

写真拡大

トマス・ハリスのベストセラー小説にインスパイアされたサイコスリラードラマ『ハンニバル』。2015年に3シーズンで幕を下ろして以来、続編を切望するファンの声は後を絶たず、たびたび復活の噂が出ている本作だが、ウィル・グレアムを演じたヒュー・ダンシーが「5年以内にできれば上出来」と、続編の展望を明かした。米TV Lineが報じている。

テレビ批評家協会(TCA)主催による冬のプレスツアーに出席したヒューは、続編制作の可能性について質問を受けると、「みんなやる気だと、僕は信じているよ」と前向きな気持ちを告白。続けて、「どうか上手くいってほしいって思っているし、もう一度帰ってくることができるなら、それが4、5年後だとしても悪くはないだろう」と、"5年"という具体的な数字を出して再出発への見通しを明かした。

先月、ポッドキャスト「Shock Wave」にゲスト出演した『ハンニバル』のクリエイターであるブライアン・フラーは、同じくハリス原作の映画『羊たちの沈黙』のミニシリーズを製作する形で『ハンニバル』を復活させたいとの意向を番組の中で打ち明けていた。また、米Starzの新シリーズ『American Gods(原題)』を手掛けている自分自身や、米Huluの『THE PATH/ザ・パス』に出演しているヒューなど、多忙を極めているキャスト・スタッフのスケジュール調整を考慮し、「キャストにとって理想なのは、都合の良い時に製作できるミニシリーズだろう。1シーズンを6〜8話構成にして、次も同じように不定期でやればいい」とコメントしていたが、このアイデアについてヒューは、「少し奇妙な感じもするけど、『ハンニバル』の物語にとっては良い方法なんじゃないかな」と、賛成の意を表した。

ヒューは今でもフラーとコンタクトを取っているそうで、(『ハンニバル』の復活については)何も決まっていないとした上で、『羊たちの沈黙』ではヒューが演じたグレアム捜査官の出番は多くないことについても触れ、「(フラーなら)小説の要素を織り交ぜながら、独自のフィルターを通してハンニバルとウィルの関係性をより濃く描いてくれるだろう」と、続編の展望を述べている。(海外ドラマNAVI)