1
 
当初の予定よりかなり遅れ、12月13日にようやく発売となったAppleのワイヤレスヘッドホンAirPodsですが、2016年通年のオンラインでのワイヤレスヘッドホン売り上げ合計のほぼ半分を、2週間強で売り上げていたことがわかりました。

ワイヤレスヘッドホン売り上げを大幅に押し上げたAirPods

調査会社Slice Intelligenceによると、2016年12月にオンラインで販売されたヘッドホンの75%がワイヤレスヘッドホンでした。これがAirPodsに起因しているのは言うまでもありません。
 
AirPodsが発売された12月13日のオンラインにおけるヘッドホン売り上げ額は、ホリデイ前の2016年売り上げ平均額の10倍以上に跳ね上がり、1日当たりのヘッドホン売り上げの最高額を記録しました。
 

 

Appleが4割以上のシェアを獲得

過去数年間にわたりワイヤレスヘッドホン市場を独占してきたのが、現在はApple傘下となったBeatsです。AirPods発売前は、2015年1月からずっと、Beatsヘッドホンの売り上げがコードレスヘッドホン売り上げ全体の約4分の1を占めていました。
 
ホリデイシーズン初旬のBeatsの売上げはさらに好調で、サイバーウィークエンド(今年は11月25日〜27日。ブラックフライデイからサイバーマンデイ前日の日曜日までを指す)のワイヤレスヘッドホン売り上げの約32%はBeats製品でした。ところが発売から約2週間で、AirPodsは全体の26%を占める売り上げを記録しています。
 
AirPods発売後のワイヤレスヘッドホン売り上げシェアを見ると、Apple(つまりAirPods)が26%、Beatsが15.4%なので、Appleが41.4%ものシェアを握ったことになります。
 

 
 
Source:Slice Intelligence
(lunatic)