ディーン・フジオカは、さまざまな女性たちの心の隙間に入り込み、その色気で翻弄(ほんろう)する結婚詐欺師・古海健児

写真拡大

直木賞作家・井上荒野が“結婚詐欺”を題材に、だます男とだまされる女たちの孤独と欲望を描いた長編小説「結婚」が、ディーン・フジオカ主演で実写映画化されることが分かった。

【写真を見る】ディーン・フジオカの“相棒”には、朝ドラで注目を集めたあの女優が抜てき!

最近では「Yahoo!検索大賞2016」や「男性が選ぶ“なりたい顔”ランキング第1位」を受賞するなど、勢いが止まらない旬な実力派俳優・ディーン。このたび満を持して、直木賞作家がつむぐ大人の恋愛ドラマの主演にディーンが初挑戦する。あらゆる女性を大人の色気で翻弄(ほんろう)する魅惑の結婚詐欺師を演じる。

本作のメガホンをとるのは、“おディーン様”大ブレークのきっかけとなった朝ドラ「あさが来た」('15〜16年、NHK総合ほか)でチーフ演出を務め、その手腕が高く評価された西谷真一。

西谷は「『あさが来た』時代から、ディーン・フジオカさんは映画をやるべき人だと強く思っていた。そして自分が何としても監督をやりたい」と強く願っており、「結婚」の実写化企画が進捗した際には「この本格的な恋愛ドラマをぜひディーン・フジオカさん主演で」と提案したという。

原作者である直木賞作家・井上も受諾し、強力タッグが実現。さらに、脚本は「結婚できない男」('06年、フジテレビ系)や、朝ドラ「梅ちゃん先生」('12年、NHK総合ほか)などで幅広い年代の視聴者に支持されるヒットメーカー・尾崎将也が手掛ける。

また、ディーン演じる古海健児の相棒に、連続テレビ小説「まれ」('15年、NHK総合ほか)での主人公の先輩パティシエ・矢野陶子役での熱演が注目され、話題となった新鋭女優・柊子(しゅうこ)が大抜てきされた。

「結婚」という魔物にだまされた女たちと、だました男にうごめく秘密と悲しみ…。彼らが持つ孤独と欲望を描いた直木賞作家・井上の問題作が、ディーンら豪華キャストによって'17年初夏、スクリーンへ飛び出す。

【ディーン・フジオカ コメント】

――本作への主演が決定した時のお気持ち。

今まで自分が演じたことのなかった役、演じることを考えたこともなかった役なので、正直今は少し不安ですが、説得力のある結婚詐欺師を演じられるよう頑張りたいと思います。

――結婚詐欺師である古海健児役をどう演じていきたいか?

彼の刹那な生きざまを、時にわがままに、時に詩的に演じられるよう頑張ります。

――西谷真一監督とのタッグについて。

ご一緒させていただいて今回で3回目になります。いつも刺激的な西谷監督の現場に戻れるのが今からもう楽しみです。

この「結婚」という作品が、西谷真一監督作品の史上最高傑作になるよう、微力ながら全身全霊を賭けてお手伝いさせていただきたいと思っています。

――ファンの皆さんへのメッセージ。

結婚詐欺師という世の中的にはよろしくない人物が主人公の作品ですが、その視点だからこそ見えて来る「愛の物語」をお楽しみに!

【柊子 コメント】

――本作への出演が決定した時のお気持ち。

このたび、千石るり子を演じさせていただくことになりました、柊子と申します。映画「結婚」への出演のお話を聞いた時、言葉では言い尽くせないほど、胸が熱くなりました。

台本を手にした時、その一冊の重さは自分の想像以上でした。うれしい気持ちや、不安な気持ち、いろいろなドキドキが詰まっています。

私の演じる、るり子という女性が抱く古海への愛の形はただひたすらに強く、そして切ないものだと思います。

――ディーン・フジオカさんとの初共演について。

ディーン・フジオカさんに初めてお会いした時、優しくてあたたかい瞳に吸い込まれそうになりました。

これから始まる撮影期間、ディーン・フジオカさんの瞳を真っすぐ見つめて臨みます。