「タラレバ娘」に「逃げ恥」も!なぜドラマヒロインは“年をサバ読む”のか?

写真拡大

<みきーるの女子マインド学>

 1月18日から、吉高由里子さん主演ドラマ「東京タラレバ娘」(日テレ系)が始まります。吉高さん演じる倫子は、30歳の売れない脚本家。でもこの“倫子”、原作では33歳なのです。

「タラレバ娘」だけでなく、昨年大ヒットした「逃げ恥」で石田ゆり子さんが演じた“百合ちゃん”も、ドラマでは49歳で原作では52歳。

 また、2014年に綾瀬はるかさんが主演した「きょうは会社休みます」でも、ドラマの“花笑”は30歳ですが、原作では33歳。

 なぜ、マンガ原作のヒロインたちは、ドラマでは“年をサバ読む”のでしょうか?

◆ドラマでは先にキャストが決まるから…?

 女性たちに聞いてみると、「マンガならいいけど、結局テレビだと若いほうがいいからだと思う」、「あまり年の差のある恋愛を描いても、嘘っぽくなるから」ではないか、といった意見がありました。
 そこで、テレビに詳しいライター・てれびのスキマさんに伺うと、
「そのあたりの実情は全然分からないんですが、多くの場合、キャストの確保優先で後から原作が決まるという制作体制の弊害なんじゃないでしょうか。想像でしかないですが……」とのコメントをくださいました。

 なるほど、先にキャストが決まり、役者に合わせて“主人公はアラサー”というようにあてはめていくからかもしれませんね。そして、アラサーならアラサーで、なるべく女優さんの実年齢に寄せていくから……ということでしょうか。

 ちなみに、吉高由里子さんは28歳、石田ゆり子さんは47歳、綾瀬はるかさんは29歳(撮影当時)です。実年齢はもっと若いのに、役年齢の印象がついてしまうことも、あまり好まれないのかもしれません。

◆実生活でもみんな“サバ読み”経験あり!?

 ところで、ドラマのみならず“年齢サバ読み”は、けっこうみんな経験があるようなのです。

 してみると、「合コンで自分だけ他のコより4つ上だったから、2歳サバ読んだ」「ママ友の中で最高齢って知られたくなくて、5歳下って言ってる」「6歳年下の彼氏に、3つ上だよ!って言ってます……」といった“告白”が、ズラズラ聞こえてくるのでした。

 実年齢を言うことで気を遣われるのがいやだったり、そもそも年齢があまり関係のない所では、ふわっとさせておくのも、まあ問題ないと思います。

 ただ、あとでダメージを食らう場合もあるので、バラすならなるべく早くバラすか、引っ張ってしまったら、飲み会などみんなが許してくれそうな場で明るくカミングアウトするのがよさそうです。

 特に女性どうしの場合は、「実年齢が何歳」ということより「あの人、年サバ読んでた!」というほうがトピックになりがちです。

 また、男性(彼氏)の場合、「ふーん」程度で済む人もいれば、「20代と思っていたのに30代はイヤだ」という人、「実年齢云々より、嘘を言われてたのが許せない」と怒る人もいるので、慎重に対処したいところ。

 年齢って、なんだかデリケートなものですね。

 もしやあなたも、年をサバ読んだことがありますか……!?

<TEXT/みきーる>
【みきーる】
ジャニヲタ・エバンジェリスト。女子マインド学研究家。応援歴20年超のジャニーズファン。女心を知って楽しく生きるためのライフハック“女子マインド学”を提唱。著書に『ジャニヲタあるある』(アスペクト)『ひみつのジャニヲタ』(青春出版社)他。Twitterアカウント:@mikiru。公式ブログ『俯瞰! ジャニヲタ百景』