【オートサロン2017】スズキはMotoGPをイメージさせるスイフトを展示

写真拡大 (全5枚)

二輪好きも思わず欲しくなるカラーリング

スズキは千葉県にある幕張メッセで1月13日から15日に開催される東京オートサロンに10台を出展する。なかでも2台は二輪レーサーをイメージさせるカラーリングを纏う。

・スイフト  レーサーRS

スズキのMoto GP二輪チーム「チームスズキ エクスター」のカラーリングを纏い、専用シートや17インチアルミホイール等を装着した。

・イグニス モトクロッサー スタイル

イグニスに二輪のモトクロスをイメージしたチャンピオンイエローの車体色にボディーデカールを施した。

・スペーシア カスタムZ プレミアム

ブラックの車体色にメタリックフレームを採用。ルーフやシート表皮に白にクロコダイル柄のレザーを施した。さらに16インチアルミホイールを装着し高級感が増したカスタムを提案。

この3台以外に、新型スイフト、新型ソリオ ハイブリッド、イグニス Fリミテッド、ソリオ バンディット Fリミテッド、新型スペーシア カスタムZターボ、ハスラー Fリミテッド、アルト ラパン Fリミテッドを展示している。