モータースポーツ写真家協会(JRPA)の2016年フォトジェニックが決定!

写真拡大 (全3枚)

写真家たちの心を熱くさせてくれたKONDO RACING TEAMが受賞

2輪から4輪まで国内外のレースを撮影しているモータースポーツ写真家協会「JRPA」が2016年のフォトジェニックが決定した。

撮影対象となるチーム、ドライバーをJRPA会員62名の投票により決定する「JRPAアワード」はKONDO RACING TEAMが選ばれた。また、特別賞として中須賀克行選手(全日本ロードレース選手権JSB)が選出されている。

フォトグラファーにとって素晴らしいシャッターチャンスを与え、写心をくすぐる存在であるかを決定する「JRPAアワード」。12回目となる大賞に選ばれたKONDO RACING TEAMは、佐々木大樹選手と柳田真孝選手の走りや近藤真彦監督の笑顔がカメラマンを「アツく」させてくれた。

現在のロードレースで無類の強さをみせてくれた中須賀克行選手は、ギャラリーを魅了する走りに限りないシャッターチャンスを与えたことにより特別賞が決定した。

JRPAは年に数回、写真展を行っているほか、不定期で写真教室も行っているので興味のある方は注目してほしい。