「結婚」に主演するディーン・フジオカ (C)2017「結婚」製作委員会

写真拡大

 俳優のディーン・フジオカが、直木賞作家・井上荒野氏の結婚詐欺を題材にした小説を映画化する「結婚」に主演することが決定した。色気で女たちを翻弄して金品を騙し取る結婚詐欺師に扮し、「今まで自分が演じたことのなかった役、演じることを考えたこともなかった役なので、正直今は少し不安ですが、説得力のある結婚詐欺師を演じられるよう頑張りたいと思います」と意気込みを語っている。

 映画は、結婚を求めて騙された女たちと、騙した男が抱える秘密と悲しみを描く。古海健児(フジオカ)は、職業や名前を変え、年齢も境遇も違う様々な女たちの心の隙間に入り込んでは結婚詐欺をはたらいていく。騙された女たちは、古海のためにターゲットを見つける詐欺の相棒であり、自らも古海に騙されそうになった過去を持つ女・千石るり子にたどり着き、古海の本当の目的を知ることになる。

 メガホンをとるのは、フジオカがブレイクするきっかけとなったNHK連続テレビ小説「あさが来た」で、チーフ演出を務めた西谷真一。「ディーン・フジオカさんは映画をやるべき人だと強く思っていた」という西谷監督のオファーで再タッグが実現し、「私が最初にディーンさんに感じた『大人の男が持つ優しさと色気、そしてすごみ』を引き出し、皆さんが見たことのない、新たなディーン・フジオカの魅力を描いていきたいと思っています」と期待をあおっている。

 また、千石役は、NHK連続テレビ小説「まれ」で注目を集めた若手女優・柊子が演じる。結婚詐欺に加担する自身の役どころを、「るり子という女性が抱く古海への愛の形はただひたすらに強く、そして切ないものだと思います」と単なる悪ではないと分析。今作には「嬉しい気持ちや、不安な気持ち、色々なドキドキが詰まっています」とアピールしている。

 「結婚」は、初夏に公開。