もし製品化されたら、絶対買いたい!

昨年からますます勢いづくAR(拡張現実)やMR(複合現実)技術。Apple(アップル)CEOのティム・クック氏もARには乗り気です。そんな中、なんとAppleがAR/MRメガネでドイツのカール・ツァイスと連携しているという噂が飛び出したんです!

今回の情報は、9to5Macに引用されたUpload VRのRobert Scoble氏によるもの。彼がとあるカール・ツァイスの従業員と接触したところ、「Appleとカール・ツァイスは軽量なAR/MRメガネについて連携している」と確認が取れたそう。しかも、製品は今年(もしくは来年)に登場するとか! Apple×カール・ツァイスのプロダクトなんて、絶対欲しいに決まってます!

なお、カール・ツァイスはすでにVR製品を投入しています(上画像)。こちらはスマートフォンを差し込む「VRヘッドセット」ですが、ARやMR製品では異なる仕組みが採用されるかもしれません。またAppleも、以前Bloombergによってヘッドセット製品の開発を報じられたことがあります。

現時点でもMRヘッドセットにはMicrosoft(マイクロソフト)の「HoloLens」などがありますが、価格面などで敷居が高いのも確か。今後AppleがARやMR分野に進出するなら、どれくらい私たちに親しみやすい製品になるのかが大事になりそうです。


・Appleのティム・クックCEOはAR推し「人のふれ合いの代わりになるものはない」
・Appleがマップアプリ向けARで特許取得。車でも使えたらさらに便利そう


image: ZEISS VR ONE
source: 9to5Mac, ZEISS VR ONE, Bloomberg
参考: Facebook
(塚本直樹)