「あさが来た」演出家との映画で新たな演技に挑戦 - ディーン・フジオカ
 - (C)2017「結婚」製作委員会

写真拡大

 直木賞作家・井上荒野が結婚詐欺をテーマに描いた小説「結婚」が、ディーン・フジオカ主演で実写映画化されることが決定した。監督は、ディーンのブレイクのきっかけとなったNHK連続テレビ小説「あさが来た」でチーフ演出を務めた西谷真一。「あさが来た」で“五代ロス”という言葉を流行らせた二人が、今度は映画でタッグを組む。

 「『あさが来た』時代から、ディーン・フジオカさんは映画をやるべき人だと強く思っていた」と語る西谷監督は、「結婚」の実写化企画が動き出したときに、「この本格的な恋愛ドラマをぜひディーン・フジオカさん主演で」と提案したという。これを原作者である井上が受諾し、ディーンと西谷の「あさが来た」「喧騒の街、静かな海」に続く3度目のタッグ作品の制作が始動した。

 騙す男と騙される女たちの孤独と欲望を描く映画『結婚』で、ディーンが演じるのはさまざまな女たちの心の隙間に入り込み、その色気で翻弄していく結婚詐欺師・古海健児。大人の恋愛映画で主演を務めるのは初めてというディーンは、「今まで自分が演じたことのなかった役、演じることを考えたこともなかった役なので、正直今は少し不安ですが、説得力のある結婚詐欺師を演じれるよう頑張りたいと思います」と率直な思いを明かす。

 だが西谷監督のディーンに対する信頼感は揺るがないよう。西谷監督は「今回は、わたしが最初にディーンさんに感じた『大人の男が持つ優しさと色気、そして凄み』を引き出し、皆さんが見たことのない、新たなディーン・フジオカの魅力を描いていきたいと思っています」と意気込んでいた。

 本作の脚本は「結婚できない男」「梅ちゃん先生」などの尾崎将也が担当。また、ディーンふんする古海の相棒役には、NHK連続テレビ小説「まれ」の矢野陶子役で注目された新鋭女優、柊子が抜てきされた。映画は1月中旬にクランクインし、公開は2017年初夏に予定。(編集部・井本早紀)