写真提供:マイナビニュース

写真拡大

スマホと接続するケーブルだけでなく、左右をつなぐケーブルまで取り払ってしまった完全ワイヤレスイヤホンは、「CES 2017」でも注目の的になっていた。本稿では【中編】に続き、CESで見つけた完全ワイヤレスイヤホンを紹介していく。

○ソニーがプロトタイプを展示

CESではコンセプトモデルとしての紹介にとどまったが、ソニーが着々と完全ワイヤレスイヤホンの開発を進めていることが明らかになった。しかしながら、2016年に発売された人気のワイヤレスヘッドホン「MDR-1000X」と同じデジタルノイズキャンセリング技術が搭載されるということ以外、詳細はアナウンスされていない。プロトタイプの観察や、ソニー幹部のコメントからわかった情報のピースをつないで、どんな製品になるのか予想してみたい。

ソニー幹部によると、本機はデザインコンシャスなh.earシリーズではなく、MDR-1000X直系のプレミアムシリーズに位置づけられるようだ。プロトタイプのカラバリも、よく見ればMDR-1000Xと同じブラックとグレーベージュの2色だ。

両耳ハウジングの表側にはノイズキャンセリング用のマイクらしきものが搭載されている。リモコンボタンのような突起もハウジングの下側に1つずつある。MDR-1000Xのようなタッチセンサー式リモコンは、このデザインだと積めないように見えるが……最終的にどんなデザイン、操作性になるのか、とても興味深い。

ひとつ気になるのは、バッテリーケースが横長で大きいこと。イヤホン自体は比較的コンパクトでいい感じなのだが、ケースに何か特筆すべき機能が盛り込まれない限り、これだと少し大きいように思う。とはいえ、まだコンセプトモデルなので、最終的にブラッシュアップされる可能性は大いにある。

これから発売される完全ワイヤレスイヤホンは、AppleのAirPodsが一つのベンチマークになって、音だけでなくより便利でクールな機能が期待されるようになっていくだろう。特にソニーにかかるプレッシャーは大きいと思うが、ソニーらしく"WOW"と言わせるような製品に仕上げて欲しい。

○音楽プレーヤー機能も内蔵、サムスンの「Gear IconX」

サムスンは、2016年のIFAで発表した完全ワイヤレスイヤホン「Gear IconX」を、北米でも展開するようだ。最大の特長は、専用ケースがバッテリーだけでなくストレージも内蔵しており、音楽プレーヤーになることだ。

ケースのサイズもコンパクトに押さえられていて、イヤホン本体とのバランスも悪くない。残念ながら音は聴けなかったので、音楽再生のパフォーマンスはわからないが、ルックスと機能の目新しさだけみれば、1台欲しいかもと思える完成度だ。

○ランナーの安全を考えた完全ワイヤレス機、BRAVEN「FLYE SPORT GLO」

アメリカのBRAVENといえば、スタイリッシュなワイヤレススピーカーで有名なブランドだが、そのBRAVENが今年からワイヤレスイヤホンに進出する。全部で4つの新製品を用意しているが、特に注目なのはスポーツ用の完全ワイヤレスイヤホン「FLYE SPORT GLO」だ。

特徴的なのは、ジョギングやスポーツを楽しむ音楽ファンのために、安全性に気を配ったギミックを盛り込んだこと。たとえば、耳にかけるイヤーハンガーに赤色のランプがゆっくりと点灯する「グローレーザー」を配置。暗い場所で光ってランナーの安全をサポートする。また内蔵のマイクにより、環境音を取り込む機能も持っている。イヤホンの操作用にスマホアプリも用意する予定。充電ケースを兼ねた専用ケースと合わせて、約25時間の連続リスニングが可能になる。

北米での発売は第1四半期中と間近に迫っており、価格は250ドル。日本にもジョギングを楽しむ音楽ファンは多いので、国内で発売されたらヒットしそうだ。

紹介した製品以外にも、スマホアクセサリーを中心に扱うメーカーが完全ワイヤレスイヤホンを展示していたり、AirPodsが生んだブームに乗っかろうとするブランドを数多く見かけた。完全ワイヤレスイヤホンは、2017年も間違いなくポータブルオーディオの話題の中心になるだろう。

(山本敦)