大倉喜八郎の生涯とは(東京経済大学のHPより)

写真拡大

 戦前の大富豪たちは、今では考えられないほどのスケールでカネを稼ぎ、そして使いまくっていた。彼らは、世界と伍していくために邁進していく戦前の日本の映し鏡でもあった。歴史に造詣の深いライフネット生命会長・出口治明氏が監修、忘れられた大物実業家たちの軌跡を辿る。

 * * *
 死の商人──鉄砲商として身を立て、財を成した大倉喜八郎の異名である。1837年、現在の新潟県新発田市生まれ。若くして江戸に出た喜八郎は「大倉屋」という乾物屋を営んでいた。

 時は幕末。ビジネスチャンスとみた彼は乾物店から鉄砲商へと転身をはかる。戊辰戦争で名前を売り、台湾出兵、日清戦争、日露戦争……と軍の御用商人としての地位を確立。一代で大倉財閥を築き上げる。

「死の商人というと負の部分だけが強調されて、大倉喜八郎という人物が見えなくなってしまう。“政商”という言葉の方が適切に彼を表わしているのではないでしょうか」

 そう語るのは、滋賀県立大学の准教授として異文化交流史の教鞭を執る中国・内モンゴル出身のボルジギン・ブレンサインさんだ。

 政商・喜八郎を代表する事業が、元勲・井上馨の要請で手がけた鹿鳴館の建設である。その後も井上の頼みで、帝国ホテルと帝国劇場も建てている。伊藤博文や後藤新平らは、要人との密会に東京・向島にあった喜八郎の別荘を使っていた。大物政治家との親密ぶりは、まさに“政商”と呼ぶにふさわしい。

 喜八郎の財を頼ったのは日本の政治家だけではない。ブレンサインさんは言う。

「中国の清朝末期、モンゴルの王公たちに大金を貸していたんです。そうやって大陸での大倉財閥の影響力を強めていきました」

 なかでも知られるのが「粛親王借款」である。日本政府から粛親王(*)への政治資金150万円の借款を肩代わりしたのが、大倉財閥だった。現在の価値で数十億円にも相当する。

【*清の皇族の称号。第10代粛親王の愛新覚羅善耆(あいしんかぐら・ぜんき)は、大倉喜八郎の資金援助で満蒙独立運動を率いた】

 狙いは当たった。1930年代に大倉財閥が設立した大蒙公司は、蒙疆(現在の内モンゴルの中心部)の流通や日蒙間の貿易などを一手に引き受けるにいたる。

 自動車輸入や海外支店設立にいち早く着手して“初もの喰い狂”とも呼ばれた喜八郎らしい事業である。

“死の商人”に“初もの喰い狂”。成り上がり者に対する世間の嫉妬が込められているが、喜八郎は著書『致富の鍵』で〈世間から何と言われても自分の思うところは一歩も枉げない、知己は百年の後に一人得ればよい〉と残している。

 彼の死後、大倉財閥はなくなってしまったが、帝国ホテルや帝国劇場だけでなく、1900年に創設した大倉商業学校は東京経済大学として、100年以上経った今も存続している。

「新潟という厳しい風土のなかから一旗揚げようと出てきた。そして右肩上がりの時代に素朴な突進力と独自の勘でチャンスをつかんだ。しかしお調子者だったから、足を掬われてしまう……。誰かと似ていませんか?」

 とブレンサインさんは笑って続けた。

「そう。私には、大倉喜八郎と田中角栄が、どこか重なるんですよ」

※週刊ポスト2017年1月13・20日号