韓国政府の外交・安全保障政策を統括する金寛鎮(キム・グァンジン)国家安保室長とドナルド・トランプ次期米政権の大統領補佐官(国家安全保障問題担当)に内定したマイケル・フリン氏が、北朝鮮の核開発について「断じて容認できない」との認識で一致した。複数の韓国メディアが報じた。

訪米中の金寛鎮氏は10日(現地時間)、米ワシントンで開かれた韓国メディアの特派員との懇談会で、前日に行われたマイケル・フリン氏との会談内容について明らかにした。

双方は、高高度ミサイル防衛システム(THAAD)の在韓米軍配備を滞りなく進め、今後も連携強化することで一致した。

金室長は「THAADは、純粋な防御兵器で我々の自衛権的措置に該当する。自主権に対応する問題であるだけに、中国が反対するといってもそこに構ってこないだろう。合意どおり、必ず配置することで両国間の意見は一致しており、計画通りに行くだろう」と述べた。

さらに金室長とフリン氏は、「北朝鮮の核は決して認められず、こうした前提の下で強力で実効的な制裁と圧迫を通じて、北朝鮮の方針を変え非核化の道に進むようにすることは重大だ。このため、隙のない米韓共助を続けていこう」という意見で一致した。