ゴルフ場内のデリバリーサービスで使用している、楽天のマルチコプター型ドローン「天空」を使って実証実験が行われた

写真拡大

ドローン宅配の
時代が到来!

 Amazonによるドローン宅配がついに英国でスタートした。昨年(2016年)12月7日、同社は英国東部ケンブリッジ市の配送センター近くの利用客2人に、ドローンで注文品を届けたと発表したのだ。最初の注文は「Amazon Fire TVとポップコーン1袋」で、クリック注文から13分で届いたという。同社は30分以内の配達を目標にしており、現状で運べる荷物は、重量5ポンド(約2.27kg)までだ。

 一方、米国でもセブン-イレブンが、すでにドローン配送をスタートさせている。米国西部ネバダ州レノの店舗から近隣住民に注文品を配達するというもので、昨年7月に初飛行を実施し、11月から試験配達サービスを開始。12月下旬時点で77回の配送を行った。ただし米国では連邦航空局(FAA)の規制で視界外飛行ができないため、同社では複数のパイロットを店舗に配置して有視界操縦でドローンを飛ばしている。

 さらにニュージーランドでも、昨年11月16日に宅配ピザの大手ドミノ・ピザがドローンによる初配達を行った。北島の北部にあるオークランドの郊外で、5分に満たない飛行後に、「チキンとクランベリーのピザ」を注文客の裏庭に届けたという。

 このように、昨年末には先進諸国でドローン宅配の時代がいよいよ幕を開けた。ネット注文の小口急配やピザ宅配は、いずれも速配が求められる。こうしたニーズに応えようとすると、混載便によるコスト削減が難しいのが実情だ。そのため、操縦者なしの無人ドローン配達が実現すれば、業者にとって配送人件費の大幅な削減が期待できる。

 そして日本でも昨年、国家戦略特区に指定された千葉市(幕張新都心)、福岡市(能古島)、愛媛県今治市(大三島)、そして徳島県選定ドローン特区の那賀町などで、実証実験が相次いで実施された。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)