伝説の英雄マウイ、
モアナの理解者タラを演じる (C)2016 Disney.
All Rights Reserved.

写真拡大

 歌舞伎俳優の尾上松也と女優の夏木マリが、ウォルト・ディズニー・アニメーション最新作「モアナと伝説の海」の日本語吹き替え版声優を務めていることがわかった。声優初挑戦の尾上は物語の鍵を握る伝説の英雄マウイ、ディズニーアニメ初参加の夏木は主人公モアナの良き理解者であるタラおばあちゃんに声を吹き込んでいる。

 「リトル・マーメイド」「アラジン」を手がけたロン・クレメンツ&ジョン・マスカー両監督が、海に愛された少女の冒険を描く。数々の伝説が残る南太平洋の島で育ったモアナは、16歳になった時、“心”を失った世界を救う旅に出る。モアナは神秘の大海原でマウイと出会い、立ちはだかる困難に苦悩しながらも、自分の進むべき道を見つけていく。

 神に与えられた巨大な釣り針を持ち、あらゆる生き物に変身できるマウイ役の尾上は、「僕の幼少期はディズニー無しでは語れない」といい、「いつかディズニー・アニメーションの声優が出来たら最高だなとずっと思っていましたので、夢が叶いました!」と大喜び。さらにモアナを見守るタラ役の夏木は、「おばあちゃん役は大好き! ディズニー・アニメーション作品でおばあちゃんの役があったら参加したいと思っていました」と述べ、オファー当初を「南の島には縁がなかったのですが、夏に突然ハワイに行きたくなったんです。帰った途端に今のお話が来て、モアナに導かれたと思いました」と振り返っている。

 モアナの吹き替え版声優はいまだベールに包まれているが、尾上は「ご本人にお会いさせていただいた時は、鳥肌が立ちましたね。まさに“日本のモアナ”というくらい、見た目も雰囲気もモアナそのもの。アメリカ(字幕版)のモアナ役の声優の方と同様に、ピュアな感じと透き通る歌声」と太鼓判を押す。夏木はその歌声を聞いたそうで、「素直な声のなかに色々な質の音があって、羨ましかったです。本当に素敵でした」と語っている。

 「モアナと伝説の海」は、3月10日から全国で公開。