トランプ大統領就任式の仮想プレイリストが辛辣すぎる!

写真拡大

いよいよ1月20日(金)、ドナルド・トランプ氏の大統領就任式が行われます。

アメリカの大統領就任式では新大統領の就任演説のほか、有名シンガーによる国家斉唱や式を盛り上げるエンターテイナーたちの競演が毎回視聴者の間で話題となります。

今回、国家斉唱を行うのは、アメリカの人気オーディション番組「アメリカズ・ゴット・タレント」の出身歌手、Jackie Evancho(ジャッキー・エヴァンコ)。

しかしそのほかのブッキングに関しては、かなり苦戦しているとのこと。

民主党を支持する米エンターテインメント界

その理由は、音楽や映画といったエンターテインメント業界には民主党支持者が多いから。

アンチ・トランプ派以外のミュージシャンやDJを探すのは容易ではありません。

そんななか、ダンスミュージックシーンの重鎮として知られるMoby(モービー)が、トランプの大統領就任式への出演依頼があったことを公表。

昨日、仮想プレイリストとともにこのようなコメントを発表しました。

ハハハハハ、いまエージェントからトランプ大統領就任式のDJをやる気はあるかと聞かれたよ。ハハハ、冗談だろう?トランプが所得税申告書を開示するなら、DJをやってもいいかな…そうしたら共和党員を楽しませるために、パブリック・エナミーやストックハウゼンのリミックスでもプレイしようか。ハハハ、まだ笑いが止まらない。どうだいトランプ?僕がDJを引き受けたら、君は所得税申告書を開示するかい?

仮想プレイリストも公開

MobyがSpotifyで公開した仮想プレイリストには、パブリック・エナミーの”Fight The Power” をはじめ、クラッシュの”I’m So Bored With The U.S.A.”、グリーンデイの”American Idiot”など、新大統領に対する辛辣なメッセージソングがズラリと並んでいます。

Spotify

Spotify

トランプ氏が当選する前から民主党支持を宣言し、トランプ氏を揶揄するような発言や投稿が目立っていたMobyになぜこの依頼がきたかは不明ですが、この衝撃ニュースを受けてSNSには以下のようなコメントも届いています。

・マジかよ?ありえない!
・MobyのエージェントはアーティストのSNSをフォローしてないのか??
・完璧な返答!さすが、やってくれるね〜

何かと話題のトランプ新大統領就任式は日本でも放送されるそうなので、この続きが気になる方は当日チェックしてみることをおすすめします。