写真提供:マイナビニュース

写真拡大

マウスコンピューターは11日、NVIDIA GeForce GTX 1080をSLI接続で2基搭載した17.3型4K液晶(3,840×2,160ドット)採用のゲーミングノートPC「NEXTGEAR-NOTE i71110」シリーズの販売を開始した。3モデルをラインナップし、価格は税別429,800円から。

SLI接続された2基のNVIDIA GeForce GTX 1080により、内蔵ディスプレイも含め4画面同時の4K出力が可能。ディスプレイは映像の入力遅延やティアリング、カク付きを低減するNVIDIA G-SYNCに対応し、ストレージはNVMeに対応したM.2 PCI Express Gen3 SSD×4を選択できるなど、ハイスペックを追求した製品だ。これらを安定して動作させるため、330W出力のACアダプタを2個同梱。計合計660Wの電源供給が行える。

オーディオ面では、サブウーファーと、オーディオ処理技術を応用したサウンド処理システム「Sound Blaster X-Fi MB5」を内蔵。キーボードはフルカラーLEDバックライト搭載で、マルチキーロールオーバーに対応する。インタフェースにはThunderboltと共用のUSB Type-C 3.1ポートや、Windows Hello対応の指紋認証センサーなどを搭載。

ラインナップはCPUやストレージの違いにより3モデルを用意する。

Core i7-6700搭載モデル「NEXTGEAR-NOTE i71110BA1」の標準構成は、CPUがIntel Core i7-6700(3.40GHz)、チップセットがIntel Z170、メモリがPC4-17000 16GB(8GB×2)、グラフィックスがNVIDIA GeForce GTX 1080×2、ストレージが480GB SSD、液晶が17.3型4K-UHDノングレア(3,840×2,160ドット)など。OSはWindows 10 Home 64bit。バッテリ駆動時間は約2.6時間。本体サイズはW428×D308×H45mmで、重量は約5.5kg。価格は税別で429,800円。

Core i7-6700K搭載の「NEXTGEAR-NOTE i71110SA1」では、CPUがIntel Core i7-6700K(4.00GHz)、メモリがPC4-17000 32GB(8GB×4)、ストレージが480GB SSD+1TB HDDとなり価格が税別で469,800円。

4TB SSD搭載の「NEXTGEAR-NOTE i71110PA1」では、CPUがIntel Core i7-6700K(4.00GHz)、メモリがPC4-17000 64GB(16GB×4)、ストレージが1TB SSD(NVMe対応、M.2 PCI Express Gen3 )×4+2TB HDDとなり、価格が税別で549,800円。

(柴田尚)