ファンタビがハリポタ「死の秘宝 PART1」抜く

写真拡大

「ハリー・ポッター」の新シリーズで、原作者J.K.ローリングが脚本を書き下ろした映画「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」(ファンタビ)が、興行収入68億6592万8300円、動員490万5942人を記録。公開49日となる1月10日、ついに「ハリーポッターと死の秘宝 PART1」の68.6億円の記録を超えた。

この数字は、2016年の公開作品で第4位にランクインしていた「ファインディング・ドリー」の成績を塗り替え、第3位「ズートピア」を超えるペース。いよいよベスト3が射程圏内となった。

英国アカデミー賞でも、英国作品賞、美術デザイン賞、衣装デザイン賞、音響賞、視覚効果賞の5部門にノミネートされ、作品の質の高さも立証されていることからも、今後もリピーターだけに留まらず、まだまだ新たなファンも生み出し、さらに記録を伸ばし続けることに期待が掛かる。