「チャームド〜魔女3姉妹」より、アリッサ・ミラノ、シャナン・ドハティ、ホリー・マリー・コムズ(左より)
 - Getty Images

写真拡大

 昨年、続編が製作されるのではないかとうわさされていた米テレビドラマ「チャームド〜魔女3姉妹」のリブート版が、米CW局で企画されているとDeadlineなどが報じた。

 リブート版を手掛けるのは「ジェーン・ザ・ヴァージン」の製作チームだというから期待が高まる。舞台は1976年となり、新たな魔女3人組が主人公になるよう。姉妹になるかどうかは明らかではない。同ドラマは2013年から2014年にかけて米CBS局でリブートが企画されたが、脚本が執筆されただけで実現には至っていない。今回も脚本がオーダーされただけで、パイロット版の製作は決まっていないようだ。

 リブート企画が報じられると、オリジナルキャスト2人がツイート。フィービーを演じていたアリッサ・ミラノは「チャームドのファンたち! あなたたちのようなファンは他にはいないわ。飛び切り最高のファンよ」とつぶやき、パイパー役のホリー・マリー・コムズは「幸運を祈っているわ」とツイートしている。(澤田理沙)