赤い果肉の美しさを生かしたグラス・ショートケーキ

写真拡大

スイーツのテーマパーク「自由が丘スイーツフォレスト」で1月14日(土)から、プレミアムブランド苺「ロイヤルクイーン」にスポットをあてたイベントが開催される。その美味しさと美しさを生かしたこだわりの限定スイーツ3種類が、場内の各専門店で提供される。

【画像を見る】いちごの甘みと香りが口いっぱいに広がるクレープ

ロイヤルクイーンは、苺の収穫量日本一を誇る栃木県で、「女峰」の生みの親である赤木博氏が7年間かけ開発した最新品種。“深紅の女王”と呼ばれるよう、果肉の中まで深い赤色で、芳醇な甘さとみずみずしさが特徴だ。

■ ベリーベリー 「ロイヤルクイーンショートケーキ」(1日30個限定)

しっとりとしたスポンジと上質なクリームでフレッシュなロイヤルクイーンのコンポートをサンド。仕上げにも大粒のロイヤルクイーンを飾った、光り輝くグラス・ショートケーキ。

■ メルシークレープ 「クレープ・オ・ロイヤルクイーン ティアラ」(1日20皿限定)

メープルをきかせたもちもちのクレープ生地に、カスタードクリームとオリジナルフレーズソースをからめたロイヤルクイーンを合わせた。女王のティアラをイメージした見た目にも華やかな一品。

■ HONG KONG SWEETS 果香 「季節の杏仁〜ロイヤルクイーン・ スペシャル」

苺を混ぜた特製の杏仁豆腐に、ロイヤルクイーンと旬のフルーツをたっぷり盛り付けた。 なめらかな口どけで、上品な杏仁の香りが苺の程良い甘酸っぱさを引きたてる。

この機会に、プレミアム苺の豊潤な甘さと香りをご堪能あれ。【ウォーカープラス編集部/セキノユリカ】