ひゃっほー! 男性が「すぐに返信したくなるLINE」5選

写真拡大

好きな相手にLINEを出すときは、返事が返ってくるかどうかドキドキするものです。なるべく相手が興味を持てることを送ると、返信も期待できそうですよね。女性から来たら返したくなるLINEは、一体どんなメッセージなのか、男性に聞いてみました。

■会いたい

・「今から会わない? など誘いの知らせなら即返す」(26歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「会いたいな……って、とか。かわいいスタンプとかあったら返したい。ただし、うざい相手だったらNG」(34歳/その他/事務系専門職)

会いたいというLINEならすぐにOKの返事を出したくなるのかもしれません。もちろん、自分の好みの相手からならということになりそうですけれど。

■今何してる?

・「今、何してますかというような些細な内容」(35歳/その他/営業職)

・「今、何してる? っていうメッセージ」(30歳/医療・福祉/専門職)

特に内容もなく、何してる? と軽く聞かれると、男性も気軽に返しやすいようですね。問い詰めるようなものでなく、軽い感じがいいようですね。

■相談がある

・「何か相談があったら聞いてもらっていいですか」(35歳/医療・福祉/専門職)

・「悩み事があるという相談」(28歳/その他/その他)

相談があると言われれば、男性は気になってしまうのではないでしょうか。女性から頼られたことを、うれしく思ってくれそうですね。

■好意を感じる内容

・「好きとか、自分に好意のある内容」(33歳/警備・メンテナンス/その他)

・「自分に好意的なメッセージが来たとき」(37歳/不動産/事務系専門職)

内容に好意の感じられるメッセージは、もらってうれしいもの。重くなりすぎず、好意を伝えたいですね。

■寂しい

・「寂しいなどの頼ってくるメッセージ」(34歳/その他/販売職・サービス系)

・「寂しい、会いたいというメッセージはうれしくなる」(36歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

男性は女性から頼られると、うれしいもの。それがLINEでも、自分が必要とされていると思えるものは、うれしいようですね。

■まとめ

LINEでは同じ意味でも表現の仕方でいろいろな伝わり方をしますよね。表情が見えない分、想像する部分もあり、それが楽しさのひとつかもしれません。読むのが大変な長文だったり、重い内容ではなく、なにげない気軽なメッセージが心を打つようです。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月28日 〜12月29日
調査人数:125人(22歳〜39歳の働く男性)