「長続きするカップル」が絶対にしないこと・6つ

写真拡大

長く付き合っているのに仲がよさそうで見ているだけでも微笑ましくなるカップル。自分たちもそういうカップルになりたいと憧れてしまう人も多いのではないでしょうか。では、そうなるためにはどんなことに気をつければいいのでしょう。今回は「長続きするカップルが絶対にしないこと」について、男女の意見をそれぞれ見ていきましょう。

<女性の意見>

■束縛

・「変な束縛。最終的には苦しくなると思う」(29歳女性/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「相手を束縛したり、自分の意見を押し付けたりすること」(33歳女性/情報・IT/クリエイティブ職)

相手のことが好きでたまらない気持ちが束縛に変わるという経験がある人もいるでしょうが、それではお互いに苦しくなって付き合いも続かなさそう。それぞれが自分の時間を持つことで変な束縛をせず、付き合いも長続きしそうですね。

■相手を傷つける

・「浮気はしないと思うし、お互い全てをさらけ出す」(26歳女性/金融・証券/事務系専門職)

・「相手を傷つけるような嘘をつく」(29歳女性/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

浮気をしたり、嘘をついたりして相手を傷つけないことも長続きさせるためには大事なこと。本当に相手のことを思っていたら、自分の言動で相手を傷つけたいとは思わないはずですよね。

■不満をためこむ

・「思ったことや不満、イヤなことなど言わずに溜めこむ」(33歳女性/情報・IT/事務系専門職)

・「相手を気遣わない、思ったことを溜めこんでしまう」(28歳女性/医療・福祉/専門職)

言いたいことも言えずに不満をためこんでいてはいつかは爆発してしまって、取り返しのつかないケンカになりそう。相手のことを気遣いながら、でも自分の意見や意思ははっきり伝える。そういう付き合い方ができれば長く付き合えそうですよね。

<男性の意見>

■ケンカを引きずる

・「ケンカをしたらなかなか謝ることをせず、会話もしない」(25歳男性/その他/その他)

・「相手の悪い面を見ていること。ケンカしても引きずること」(35歳男性/その他/販売職・サービス系)

ケンカをするのはどんなカップルでもあることですが、それをいつまでも引きずってしまうとわだかまりが残ったままになりそう。ケンカは相手との理解を深めるためにも必要ですが、引きずらないことはもっと大事ですよね。

■相手の携帯を見る

・「相手の携帯電話を相手がいないときに見ること」(28歳男性/情報・IT/事務系専門職)

・「お互いの携帯を見る」(32歳男性/小売店/事務系専門職)

携帯を見られてもやましいことはないけれど、相手が勝手に自分の携帯を見たとわかると不信感を持ってしまいそう。自分が信用されていないなと思うと愛情も冷めてしまうかもしれませんね。

■しょっちゅう連絡を取り合う

・「四六時中、電話やメールなどをする」(31歳男性/その他/営業職)

・「こまめな連絡の取り合い。例えば、仕事中もかまわず連絡を取るカップルは、結局、長続きしていない」(32歳男性/その他/技術職)

連絡の頻度が多すぎるカップルも長続きしないと感じている男性がいるようです。お互いに納得していれば、まめに連絡を取り合うのもいいかもしれませんが、どちらかが重荷に感じているとそれが原因で別れることもありそうですね。

■まとめ

相手のことを束縛しすぎない関係でいることが、長続きするカップルの秘訣だと感じている人は男女ともに多いようですね。しょっちゅう連絡を取りあったり、携帯をこっそり見たりというのは、どんなに仲のいいカップルでも関係を壊してしまう原因になりそう。相手のことも自分のことも大事にできる。そういう付き合い方ができていないと長続きするカップルには慣れなさそうですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年10月にWebアンケート。有効回答数207件(25歳〜35歳の働く未婚男性)、216件(25歳〜35歳の働く未婚女性)