写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アメリカは、Appleの「AirPods」が産まれた国だ。ラスベガスで開催された「CES 2017」の会場では、打倒AirPodsと言わんばかりに、多くのブランドが自慢の完全ワイヤレスイヤホンを展示していた。その中から、筆者が「これはぜひ日本でも発売して欲しい! 」と思った5つの新製品を紹介しよう。

○イケてるオトコのためのイヤホン、YEVO「YEVO1」

スウェーデンの新鋭ブランド、YEVO(イェーヴォ)の初となるプロダクトが「YEVO1」だ。ブースでは、「スタイリッシュなルックスとクールな機能を盛り盛りにしました。デザインにもこだわるデジモノ好きの男性に使って欲しいですね」と、ファウンダーのAndreas Vural氏や、開発に携わったYanik Froment氏、Daniel Joner氏は呼びかける。

イヤホンにはリスニング体験を向上させるための工夫をたくさん盛り込んだ。スマホとのワイヤレス接続はBluetooth経由になるが、左右イヤホン間はNFMI(Near Field Magnetic Inductance:近距離磁界誘導)と呼ばれる、小さな磁界をつくり出す技術でコネクト、より安定しノイズのない音楽信号の伝送を実現しているのだという。なお、同様にNFMIを活用した完全ワイヤレスイヤホンには「Jabra Elite Sport」もあり、今年はさらに多くのブランドが採用していくのではないか。

本機はEARINと同じ、シングルBAドライバーを搭載するイヤホンだ。サウンドについては、「クリアで解像感の高い音にチューニングを合わせた」と、設計を担当する氏が特徴を説明してくれた。EARINとの違いはBluetoothのオーディオコーデックで、YEVO1はSBCまでの対応になる。

イヤホン本体のバッテリーでは3〜4時間の連続リスニングが可能。バッテリーケースに入れて充電すれば、5回フルチャージできるので、計15〜20時間の連続リスニングが楽しめる計算だ。本体にはマイクも内蔵している。

ハウジング表側がタッチセンサーになっていて、シングルタップ / ダブルタップ / ロングプッシュをそれぞれ感知して、音楽再生やハンズフリー通話の操作ができるよう設計されている。「リスニング時のリモコン操作がSiri頼みになってしまうAirPodsの弱点を克服しています」と、Froment氏がしたり顔で説明してくれた。

極めつけは、通話の音声をピックアップするマイクの他に、外音を取り込むための2基のマイクを搭載。「音楽を聴きながら地下鉄のアナウンスなどにも注意を向けたいときに、環境音を取り込むことができます」とFroment氏が説明する。完全ワイヤレスイヤホンとしてはとても画期的な機能だ。

残念ながら、ブースでは実際のサウンドを体験できなかったので、日本で発売されることを祈りたい。なお北米では2月に、250ドルで発売を予定しているそうだ。カラバリはブラックとホワイトがそろう。

実はこのYEVO、日本にも上陸済みのスウェーデン・Happy Plugs(ハッピープラグ)から派生した姉弟ブランドだ。お姉さんのHappy Plugsは、イヤホンをファッション&アクセサリー感覚で使いたい女性ファンに向けて、スタイリッシュな製品を展開している。「YEVOのブランドネームの由来は"Your Evolution(あなたの進化)"。イケてるオトコのためのブランドとして育てていきたい」と3名が口をそろえる。Happy Plugsに続き、日本に上陸する日も案外近いかも?

○ジュエリー感覚で身につけたい、MONSTER「EARLINK WIRELESS」

ファッションにこだわる若い音楽ファンに絶大な人気を誇るMONSTERも、初の完全ワイヤレスイヤホンをスタンバイしている。ゴージャスなルックスの新シリーズ「ELEMENTS」に加わる「EARLINK WIRELESS」だ。北米では第2四半期に250〜300ドルで発売を予定する。MONSTERは日本にも製品展開しているブランドなので、順当に行けば国内発売があるに違いない。

ブースで新製品の説明をしてくれたMONSTERのスタッフは、「ダントツにゴージャスな完全ワイヤレスイヤホンを目指しました。だって、アップルのAirPodsってデザインがチープでときめかないでしょ?」と話す。そんなMONSTERの完全ワイヤレス機は、"レディのためのイヤホン"なのだという。

MONSTERはあまり製品のテクニカルな情報を表に出さないブランドなので、オーディオ的な特徴は不明だが、とにかくルックスはゴージャス。まるで耳元に大粒のダイヤモンドを身につけているように着飾れそうだ。会場にはローズゴールドのモデルを展示していたが、ほかにも24カラットゴールド、ルビーレッド、サファイアブルーを展開予定だという。

イヤーピースの一個単位での販売や、収納ケースの単品販売も行うそう。たとえ無くしてしまっても、オーナーに悲しい思いはさせないというコンセプトのサービスだという。今のところ、完全ワイヤレスイヤホンを発売するどのメーカーもチャレンジしていないことなので、楽しみだ。

今後は、スポーツイヤホン「iSport」の完全ワイヤレス型も用意するという。夏に上海で開催されるCES Asiaがお披露目の機会になるそうだ。こちらにもMONSTERならではのユニークなアイデアを期待したい。

もう3製品は、【後編】のレポートにバトンタッチしよう。後編では、ソニーやサムスンなどの注目ワイヤレスイヤホンを紹介する。

(山本敦)