写真提供:マイナビニュース

写真拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは10日、DSブランドの代表モデル「DS 5」にディーゼルエンジンを搭載した新モデル「DS 5 シック BlueHDi レザーパッケージ」を設定し、全国のシトロエン・DSディーラーネットワークにて発売した。

「DS 5」はアバンギャルドなデザインを特徴とするDSブランドの代表モデルであり、現行モデルは2016年5月に日本に導入された。今回、新たに最高出力180PS、最大トルク400Nmを誇るBlueHDiクリーンディーゼルエンジンが搭載される。

このエンジンはコモンレール式高圧直噴システムを持つ2.0リットル直列4気筒DOHCで、ハイパワーや高トルクと同時に高い環境性能を両立した。その特徴は高度な排気ガスの後処理システムで、排気系統に組み込まれた酸化触媒、SCR(選択還元触媒)、DPF(微粒子フィルター)により、有害物質を効果的に除去する。燃費性能にも優れ、JC08モード燃費17.3km/リットルを達成した。

「DS 5 シック BlueHDi レザーパッケージ」はガソリンエンジンモデルと同様のEAT6トランスミッションを搭載し、価格は497万円(税込)となっている。

(山津正明)