ナメんじゃねぇっ!! 「おごる気が失せる」女の言動・6パターン

写真拡大

男性と一緒に食事に行ったときは、相手が支払いをどうするのかが気になってしまうこともあるもの。相手に気持ちよくお会計をしてもらうには、それなりにテクニックも必要かもしれません。今回は、おごりたくなくなる女性の言動を、男性に本音で語ってもらいました。

■おごってもらうのがあたりまえ

・「おごってもらうことをあたりまえに思っている」(32歳/運輸・倉庫/営業職)

・「おごってもらって当然という態度」(34歳/学校・教育関連/専門職)

男性からおごってもらうのがあたりまえという態度をしていると、男性も素直におごりたいとは思えないよう。謙虚な態度が大事になりそうです。

■ほかのお店に行きたがる

・「ほかのお店がよかったと言う人」(38歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「もっといい店に行きたいみたいな。なら俺と来るなよ」(34歳/電機/技術職)

男性が予約したお店にケチをつけられると、ムッとしてしまうものかもしれません。本当はあまりうれしくなくても、言葉にするのは避けたほうがよさそうですね。

■高い料理を食べたがる

・「高いものをねだる」(32歳/その他/その他)

・「高い料金の料理や飲み物をどんどん追加して注文してくる」(38歳/医療・福祉/技術職)

常に高い料理ばかり注文されると、お財布の中が心配になってしまう男性もいるのでは。注文する前に、彼にひと言聞いてみるのがいいかもしれませんね。

■財布を出さない

・「財布を出す気がまったくない」(36歳/小売店/営業職)

・「財布を出そうともせずごちそうさまも言わない」(37歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

お会計のときに、まったくお財布を出そうとしない人もいるようですね。本当は払う気がなくても、せめてお財布を出すふりぐらいはしてほしいと思っていそうです。

■会計のときに消える

・「会計のときには姿が見えない」(39歳/その他/その他)

お会計のときになると、フッと姿を消す人もいますよね。女性からすると、男性が支払いやすいように気遣ったつもりが、逆効果になってしまうこともあるようです。

■食欲がない

・「食べ物を残す人」(39歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「食欲がない」(29歳/情報・IT/その他)

せっかく一緒に食事に行ったのに、あまり食べなかったり、残されたりすると、ガッカリしてしまう男性もいるようですね。

■まとめ

自分がおごると思っている男性も多いようですが、女性におごってもらえるのが当然という態度をされると、あまり気持ちはよくないようですね。感謝の気持ちをしっかり言葉に出すと、男性も、おごってあげたいと思うものではないでしょうか。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月19日〜2016年12月20日
調査人数:362人(22〜39歳の社会人男性)