庄司智春 熱愛発覚で妻・藤本美貴の事務所に呼び出された過去

写真拡大

10日放送の「解決!ナイナイアンサー」(日本テレビ系)で、元・モーニング娘。の藤本美貴が、夫の品川庄司・庄司智春との熱愛発覚時の状況を明かした。

番組では「芸能人の極秘婚アンサー」と題して、藤本が庄司と熱愛スクープされた当時の再現VTRが放送された。当時22歳の藤本は、国民的アイドルグループ・モーニング娘。のリーダーを務めていた。だが、熱愛記事が翌日の写真週刊誌に載ることになり、チーフマネージャーから呼び出され、「どうするの?」と今後について確認される。

そこで藤本は「ご迷惑をおかけしたので脱退します」と答え、「交際は続けるってこと?」という質問には「はい」と答えたという。当時について、藤本は「別れません。もちろん迷惑もかけたし、これからもかけるのはもちろんよくないので、『脱退もします』という感じでしたね。『お付き合いしちゃダメだよ』っていうグループなので」とVTR内で振り返っていた。

スタジオで矢部浩之が「事務所に呼ばれたときは怖かった?」と質問すると、藤本は「怖かったですよ! 何言われんだろうと思って」と当時の心境を語る。さらに矢部が「庄司も(藤本の事務所に)呼ばれた?」と尋ねると、藤本は「(私とは)別で呼ばれてました」と明かし、スタジオからどよめきが起きた。藤本によると、庄司はマネージャーを伴わず、ひとりで訪ねて行ったそうだ。

【関連記事】
藤本美貴が夫・庄司智春の稼ぎに呆れ「ウソでしょ?」「吉本に言った方が!」
庄司智春が吉本からの扱いに憤慨「ローマにひとりで現地入り現地解散した」
藤本美貴が夫・庄司智春との離婚を考えた瞬間を告白「ケンカで死んだふり」