中国外交部の陸慷報道官は10日、「南シナ海仲裁裁判の裁定はもとより中国とASEAN間の問題ではなく、なることもない。中国側は引き続き直接の関係国との交渉や協議を通じた南シナ海をめぐる争いの平和的解決に尽力する」と表明した。資料写真。

写真拡大

中国外交部の陸慷報道官は10日の定例記者会見で、フィリピンの外相、外務次官の姿勢表明を受けて「南シナ海仲裁裁判の裁定はもとより中国とASEAN間の問題ではなく、なることもない。中国側は引き続き直接の関係国との交渉や協議を通じた南シナ海をめぐる争いの平和的解決に尽力する」と表明した。

報道によると、フィリピンの外相と副外相は最近、フィリピンが今年のASEAN輪番議長国在任中、中国側と2国間接触を行っており、ASEANレベルで仲裁に言及する必要性はないため、南シナ海仲裁裁判の裁決をASEAN会議の議題としない考えを表明した。

陸報道官は「中国側は今年のASEAN輪番議長国としてのフィリピン政府のこうした姿勢表明を歓迎する。南シナ海問題はもとより中国と一部のASEAN加盟国との問題であり、中国・ASEAN間の問題ではない。中国側は引き続き直接の関係国との交渉や協議を通じた南シナ海をめぐる争いの平和的解決に尽力し、ASEAN諸国と地域の平和・安定を共に維持する」と述べた。(提供/人民網日本語版・編集/NA)