2PMのJun. K、過去の恋愛について語る「別れようとする恋人を止めたことがある」

写真拡大

2PMのJun. Kが多彩な魅力でリスナーを虜にした。

韓国で11日に放送されたSBSパワーFM「チェ・ファジョンのパワータイム」では、Jun. Kらがゲストとして出演した。

同日の番組でJun. KはDJのチェ・ファジョンの紹介でリスナーと挨拶した。黒い帽子とサングラスを着用したJun. Kはカリスマ性を誇った。

Jun. Kの多少痩せたような姿にチェ・ファジョンは注目した。チェ・ファジョンが「顔が消滅しそうだ。痩せている。今も鶏ササミを食べているのか」と質問するとJun. Kは「そうではない。昔は献立の調節を頑張った。献立の調節はとても大変だ。運動をしながら、食べ物はおいしいものを食べている。痩せてはいない」と答えた。

1988年生まれであるJun. Kは軍入隊を控えている。Jun. Kはコンサートの開催を知らせ、「2PMのコンサート後に、僕と数人のメンバーが軍隊に行く必要があるのでしばらく別れの時間を過ごすことになる。ファンのために直筆の手紙も用意した」と話し、期待を高めた。

Jun. Kは「カッコいい」というリスナーに感謝の言葉を伝えた。Jun. Kは「2PMのメンバーたちはみんなカッコいい。僕は僕だけの魅力があると思う」とし「僕にカッコいいと言ってくれた方は二人だ。チェ・ファジョン姉さんと、ガールズグループf(x) のビクトリアだ。忘れられない」と言い、笑いを誘った。

Jun. Kはソロ曲の紹介も忘れなかった。パク・ジニョンの応援もあったという。先行公開された「結婚式」について話していたJun. Kは「別れようとする恋人を止めたことがある。恋人との信頼が一度崩れると、改めて積み重ねるのは難しいと思う。そういうのを見て、たくさんのことを感じた。こういう過程で学ぶのだろう」と恋愛についても率直に語った。

Jun. Kは「『結婚式』のミュージックビデオの撮影日にスケジュールがあって現場に行けなかった。出演してくれた2PMのニックン、TWICEのナヨンは美男美女だ。感謝している」と話し、笑顔を見せた。

「チェ・ファジョンのパワータイム」は韓国で毎日正午12時に放送されている。