米本土で初めてハチの仲間が絶滅危惧種に 気候変動や農薬が原因

ざっくり言うと

  • 米本土で初めてハチの仲間「ボンブス・アフィニス」が絶滅危惧種に加わった
  • 生息地の消失や気候変動、農薬の使い過ぎなどが原因と考えられている
  • 絶滅すると受粉は手作業になり、膨大な労働力とコストがかかると予想される

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング