写真提供:マイナビニュース

写真拡大

スズキは11日、250ccの新型ロードスポーツバイク「GSX250R」を4月17日から販売開始すると発表した。2016年11月のイタリア・ミラノショーで発表したロードスポーツバイクのグローバルモデルで、街乗りにおける日常的な扱いやすさとスポーティーなスタイリングを特徴としている。

エンジンは平成28年国内新排出ガス規制に対応しながら、フリクション低減や燃焼効率向上を図ることで、街乗りで多用する低中速の扱いやすさを重視した出力特性と41.0km/リットルの優れた燃費性能を実現した248ccの2気筒エンジンを搭載。スタイリングは「アーバンアスリート」をコンセプトに、都会や郊外を颯爽と駆け抜ける姿をイメージした。テールカウル先端に向けてコンパクトにラインが集合するスポーティーなデザインとし、セパレートタイプのハンドルバーや前後分離式シートなどを採用しながら、快適なライディングポジションを実現した。

その他の特徴として、黒基盤に白字を表示するネガ液晶を採用した視認性の高いフルデジタル表示の多機能メーター、専用セッティングを施したフロントフォークと7段階調整式のリヤサスペンション、花弁形状のブレーキディスク(前後輪)、長距離の走行に安心な大容量15リットルの燃料タンクの採用など。車体色は「クリスタルブルーメタリック / パールグレッシャーホワイト」「キャンディカーディナルレッド / パールネブラーブラック」「パールネブラーブラック」の3色を設定した。

スズキ「GSX250R」の価格は52万7,040円(税込)。なお、2016年12月から中国で販売を開始しており、2017年4月から日本や欧州など販売国を拡げていくとのこと。

(木下健児)