1人ぼっちが激はかどる予感! 超ハイスペックな人型抱き枕「綿旦那」と「綿嫁」がさらに進化したよ

写真拡大

人間をダメにする着る毛布やセーラー服型ルームウエアなど、ユニークなアイテムをいろいろと世に送り出している「BIBILAB(ビビラボ)」。

「綿旦那」&「綿嫁」などという、ひとりぼっちにはうれしすぎる人型抱き枕も発売しているのだけれど、これがさらに進化しちゃったみたいです。よりリアルに改良されたとかで、もう恋人がいなくてもさみしくないんだからネ!

【見た目も抱き心地もパワーアップ】

今回、改良されたのは、中綿、カバー、首部分の3点だそうです。まず、中綿は、これまでの粒綿に反発性の高い粒綿をミックスして増量。抱き心地がよくなり、しっかりと身を預けられるようになったようです。

カバーも、旧版の茶色っぽいものから、要望の多かったピンクベージュに色味を変更。材質もフリースから毛足の細やかなベルベットになり、よりやわらかな手触りに。

また、首部分には、骨の代わりとなる筒状の布に綿を詰めた支えを入れたとのこと。「首がグラグラする」という不満の声に応えたもので、ウイッグを被らせたり、座らせたりしても、うなだれにくくなったんだって!

【現実に戻れなくなりそう!】

このバージョンアップは、2017年にブームが予想される「恋愛系VRゲーム市場」に向けたものだそう。

男性っぽいカタチの「綿旦那」、女性っぽいカタチの「綿嫁」に好みのコスチュームを着せてVRゲームをすると……視覚をVR、触覚を「綿旦那」&「綿嫁」で満たしつつ、疑似恋愛を楽しめるというワケ。そ、それって危険すぎませんか!?

ちなみに、気になるお値段ですが、綿旦那も綿嫁も11000円(税抜)とのこと。

いつでも隣にいてくれて、いつでも寄りかかれて、いつでも腕枕をしてくれて、いつでも抱きしめられるってだけでもアブナイのに、VRゲームを組み合わせるとか……現実を直視できなくなりそうですネ♪

参照元:BIBI LAB
執筆=夢野うさぎ (c)Pouch

画像をもっと見る