写真提供:マイナビニュース

写真拡大

In Winは、ケース全体をミラーコーティングを施した強化ガラスで覆ったフルタワーケース「Tou 2.0」(透 2.0)や、シンプルなデザインで人気の300シリーズに、コンパクトなMicro ATXケースの「301」を追加するなど、2017年の新製品をCES 2017で公開した。

Tou 2.0は、2013年のCOMPUTEX TAIPEIに参考出品され、限定販売された「tou」の進化版。Tou 2.0で採用される強化ガラスは5mm厚となり、運搬時の破損など、万が一のトラブルに対応する。

また、サイドパネルに強化ガラスを採用して電源内部が見えるようにした専用電源ユニットの「SIV-1065W」も付属する。また、フロントI/OポートにUSB 3.1 Type-Cを備えるほか、LEDイルミネーションの照明効果をフロントのタッチパネルで操作できるようにするなど、使いやすさの向上も図っている。

一方の「301」は、サイドパネルにツールフリーの強化ガラスを備え、シンプルなフロントデザインを採用したマイクロATX/Mini-ITXケース。本体サイズはW188×D370×H365mmのコンパクトなボディながら、フロントに240mmのラジエターを搭載できるスペースを確保するなどの拡張性を備える。

このほか、同社は「303」にUSB Type-Cポートを追加した「303 Type-C」や、EK Water Blocksとのコラボ作「D Rrame 2.0 EK」、2016年のCOMPUTEX TAIPEIで行なわれたMODコンテストの優秀作の市販化モデルなどを披露した。

ASUSTeK ComputerやMSIのマザーボードとのRGB LED連係機能をサポートするなど、最新のトレンドをサポートしつつ、In Winならではのデザイン性と機能性に優れたケースを今年もラインナップしていく意向だ。

(本間文)