クァク・ヒョンファ、裁判に敗訴した心境を打ち明ける「たくさんのことを学んだ」

写真拡大

タレントのクァク・ヒョンファが訴訟で負け、心境を告白した。

クァク・ヒョンファは11日、SNSに「あの人は嘘発見器でも嘘だと判定されたし、あの人の声が入った録音もあるし、スタッフ2人の録音も証拠として提出したのに、ダメだった。嘘発見器の結果は参考用であるだけで証拠としては使われなかった。この録音は自然な状況ではなく、私が録音するという意図のもとで録音したためだ。そして2人のスタッフは録音を提出したら、ドタバタしていた時に言った言葉だから取り消してほしいと言って認められなかったのだ」と状況を説明した。

彼女は「今回法定訴訟で本当にたくさんのことを学んだ。嘘発見器は証拠として使われないということ。それでもやるということ。合意のもとで撮るという契約文言のほかには、それ以上私の立場を代弁してくれるものがなかった。合意して抜く約束をした露出シーンを入れて再配布した時は、あまりにも腹が立って衝撃を受けたが、時間は2年が過ぎた後だったし、証拠は監督との口頭契約しかなかった。録音でもして証拠を残そうと思い、電話して録音した。しかし、これは自然な状況ではなく、私が録音しようという意図のもとでやったものであったため、特に認められないということだ」と付け加えた。

これに先駆けて、監督のA氏は2013年11月から2014年2月まで、主演女優クァク・ヒョンファの同意なしに上半身の露出シーンが収められた映画をインターネットテレビとファイル共有サイトなどに有料で提供した疑いで裁判にかけられた。11日裁判部は在宅起訴されたA氏に無罪を宣告した。

クァク・ヒョンファは「社会の多くの場所で女性は消費され、利用されていること。だから女性が置かれている社会的位置、その意味を学ぶ学問がまだ必要であること。人を信じることが私には容易ではなくなったこと」だとし、「堂々さを失わず、一生懸命に生きていきます」と話した。