写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ネットギアジャパンは1月11日、VLAN、QoS機能を標準装備し、PoEプラス(IEEE 802.3at)に対応した、タップ型のギガビット8ポートクリックスイッチ 『GSS108EPP』と、新設計ギガビット8ポートイージーマウントスイッチ『GS408EPP』を、同日より発売すると発表した。

8ポートの『GSS108EPP』は、4ポートがPoE プラス対応で、、合計47Wの給電が可能。この製品はクリックスイッチシリーズ『GSS108E』に、PoE機能を追加したモデルとなる。価格は32,000円(税別)。

同じく8ポートの『GS408EPP』は、8ポートがPoE プラス対応で、合計124Wの給電が可能。こちらは、新たに設計された製品で設置場所に応じて、縦置き、横置きを選択することができる。価格は50,000円(税別)。

両製品共に従来通り、ネットギア「Plus」ユーティリティを使用することで、VLAN、QoS、ポートミラーリングなどの設定が簡単に行える。