シム・ウンジン、Imagine Asiaと専属契約を締結「海外活動も積極的にサポートしていく」

写真拡大

元Baby V.O.Xの女優シム・ウンジンが新しい所属事務所と専属契約を締結した。

11日、Imagine Asiaは公式報道資料を通して第1世代アイドルグループBaby V.O.X出身の女優シム・ウンジンと専属契約を締結したことを知らせた。

Imagine Asiaは「印象的な演技力と早い適応力で様々なキャラクターになれる女優であるシム・ウンジンは、まだ見せていない才能が無限にある」とし、「Imagine Asiaの特化されたエンターテインメントビジネスを通してシム・ウンジンの韓国活動だけでなく、中国を含む海外活動も積極的にサポートしていく予定だ」と明かした。

シム・ウンジンは1998年、Baby V.O.Xのメンバーとしてデビューした。「Ya Ya Ya」「Get up」「Killer」「裏切り」など多数のヒット曲を発表し、ガールズグループとして最高の全盛期を送った。

その後、女優に転身したシム・ウンジンは2006年の大河ドラマ「大祖栄」を皮切りに「夜警日誌」、「怪しい7病棟」、「愛が来ますね」、映画「宇宙のクリスマス」、「あなた、そこにいて」、「深夜タクシー」など、お茶の間とスクリーンを行き来しながら女優として着実に活動してきた。