ソ・ジソク、クダカンパニーと専属契約を締結「積極的な支持とサポートを惜しまない」

写真拡大

俳優ソ・ジソクがクダカンパニーと専属契約を締結した。

ソ・ジソクは最近クダカンパニーと新たに専属契約を結び、さらに精力的な活動を続けていくことを予告した。これについてクダカンパニーは「お茶の間とスクリーンを行き来しながら、俳優としての地位を固めてきた俳優のソ・ジソクは、自社が保有している体系的なマネジメントシステムと合わさり、いい相乗効果を生み出すと見られる」と伝えた。

また、「演技だけでなく、様々な分野で活躍できるように積極的な支持とサポートを惜しまない。これからの活動にたくさんの愛と応援をお願いする」と付け加えた。

ソ・ジソクは2001年、KBS 2TV「愛しなさい希望なしに」でデビューし、ドラマ「愛の選択〜産婦人科の女医」、「グロリア」、「ハイキック3〜短足の逆襲」、「魔女の城」、映画「恋愛の技術」「その女その男の内部事情」など様々な作品で味のある演技を披露してきた。

また、KBS 2TV「ホドンの芸・体・能〜めざせ!ご当地スポーツ王」、SBS「ジャングルの法則」、MBC「僕らの日曜の夜」など、バラエティ番組出演を通して、抜群のバラエティセンスと、これまでの作品で見ることのできなかった親しみのある一面で大衆に一歩近づいた。