先日400ccのカフェレーサー「GRAN MILANO400」と、スクランブラースタイルの「SILVER VASE 400・GRAN TURISMO400」を発表したSWMからまたまた新情報です!

1

SWM社の125ccオフロード・モタードモデルの日本発売が決定しました!

RS125Rは21インチ、18インチのスポークホイールを搭載したオフロードモデル。オフ車定番のサイズですね。

フロント80/90のリア110/80なので履けるタイヤもそれなりに多いです。

エンジンは水冷単気筒エンジン。高い信頼性と扱いやすい特性を持っているそうで、インジェクションを採用しています。

ブレーキももちろん前後ディスクブレーキで制動性はもちろん、スポーツ走行も満足に楽しめるスペック。

フロントは倒立フロントフォーク、リアはリンク式サスペンションを採用。

グラフィックもトレンドを掴んだクールなデザイン!カラーはレッドとブラックの二色です。

ここまで本格的な装備の125って、レーサーとかだったら納得できますが、公道仕様ってのがかなりアツいポイント!

自走でエンデューロレースに参加してみる、とかも夢じゃありません!

しかもレーサーだと若者には買えないくらい高いですが、RS125Rは消費税込みで¥489,000

125にしては高くね!? と思うかもしれませんが、このスペックの新車でこの値段ってかなり安いですよ!

夢が膨らむ125です!日本での発売は2017年3月を予定しています!

こちらはモタードモデルのSM125R。ホイールが前後17インチになっています。

フロント110/70のリア140/70なので今のミドルクラスとほぼ同じサイズ。タイヤのバリエーションは多いですね!

ブレーキもフロントが大径のパーツに変更され、制動力を高めています。

エンジンはRS125Rと同じ、水冷単気筒エンジン。

こちらもカラーはレッドとブラックの二種類!

モタードのバイクだと17インチのホイールにした時に見た目で違和感があるモデルもありますが、このバイクは全くありません。むしろ引き立っているようにも見えます。

価格は税込みで¥499,000。RS125Rよりも若干高いですが、現行車のフルサイズモタードでこの値段は安い方です。

発売はRSと同じ、2017年3月を予定しています!

実はSWM車の125には前から注目していて、「これ日本で出たらいいのになぁ〜」と思っていた矢先、発売が決定。現行で125ccオフロードモデルってかなり少なかったので期待の新星ですね!

詳しいことが分かり次第続報をお届けします!

(ライター:佐藤 快/Moto Be バイクの遊び方を提案するWEBマガジン

【関連記事】


【ライダーの疑問】すり抜けってどうなの?警察官に聞いてみた


【夜ツーのススメ】夜の空港はブラッとツーリングに最適なスポットだった


【ROCK】音楽好きにはたまらない!ギターペイントのヘルメットがかっこ良すぎる!


ケツ痛解消できんの?ライダークッション「ワイルドアス」を500kmツーリングで使ってみた結果

125ccオフとモタードが新車で買える!SWMから「RS125R」「SM125R」の国内販売が決定!(http://clicccar.com/2017/01/11/430929/)