1月11日の東京株式市場で日経平均株価は反発、前日比63円23銭高の1万9364円67銭で取引を終えました。

 1月11日の東京株式市場で日経平均株価は反発、前日比63円23銭高の1万9364円67銭で取引を終えました。

 マネースクウェア・ジャパンの八代和也アナリストによると、トランプ次期米大統領の記者会見を今夜に控えて様子見ムードが漂うなか、外国為替市場でドル/円が一時1ドル=116円台まで上昇、ドル安・円高一服を背景に日経平均は底堅く推移しました。

 東証1部33業種中、鉄鋼、非鉄金属など26業種が上昇、一方、水産・農林、不動産など7業種は下落しました。個別銘柄では、JFEホールディングス(HD)、新日鉄住金が買われ、住友不動産、三井不動産は売られました。

 TOPIX(東証株価指数)は前日比8.09ポイント高の1550.40。東京外国為替市場でドル/円は午後3時現在、1ドル=115円90銭台で推移しています。

(オトナンサー編集部)