11日、AbemaTVのトーク番組『アベマショーゴ 〜キテる人フカボリSHOW』に俳優の城田優(31)がゲスト出演し、自宅の寝室とリビングの写真を公開。番組には風水芸人の出雲阿国(34)が登場し、城田の自宅を診断した。

 城田のリビングを見るなり、出雲阿国は「エロい感じ〜」と大興奮。これは私的な意見だが、風水的に見ても、かなり城田のリビングは高評価だといい「ご自身にとって、すごくいいお部屋づくり」と絶賛した。

 まず、城田の部屋のいい点としてあげられるのは「照明の色」。オレンジ色の照明は出世運をあげる「成功者」の照明だそうで、「高級マンションを外から見ると、大概(窓から見えるのは)みんなオレンジ色。ボロボロなアパートを外から見ると白色灯」と語った。間接照明に凝っていることもいい点だといい、「光にこだわると、脳にダイレクトに刺激が行くので、脳にやさしい色合いはいい」と絶賛。


 さらに、出雲阿国は部屋の隅に植物を置いていることもいい点だという。部屋の角には悪いものがたまるのだが、角に生き物や植物を置くと、その部分が活性化され悪いことが起こりにくくなるのだそうだ。風水に興味がないと語っていた城田だが、「いいことを言われると嬉しい」とまんざらでもない様子だった。


 しかし、完璧に見える城田のリビングにも注意点があるようで、それはテーブルの上。城田のテーブルにはリモコンや鍵やギターのピックなど、小物が置かれているが、それがよくないのだという。テーブル上にものを出しっ放しにしていると、埃がたまると運気が下がってしまうというのだ。風水の世界では「埃ひとかたまりが、悩みひとつ」だといい、仕事運に関係してくる机の上にはあまりものを置かないほうがいいと出雲阿国は指摘した。これには城田も「マジで!?」とショックを受けたようだった。

 続いて公開された城田の寝室にも、出雲阿国には気になる点があるという。映画が好きだという城田の寝室には、可動式のスクリーンが。しまえるので城田の場合は問題ないというが、寝室にテレビを置くのは風水的にはNGなのだそうだ。


 起きて最初に目に入るものは、自分の潜在意識に入るものなので、寝室に置くものはとても大切だと語る出雲阿国。大好きな『ドラゴンボール』や映画のDVD、こだわりのおもちゃが置かれている城田の寝室できになるのは「顔のあるおもちゃ」だという。目、鼻、口のあるものへのストレスを人間は感じるようで、寝室に置くと眠りの妨げになるのだという。「モテない女子ほどぬいぐるみと寝る」と、寝室に置かれたぬいぐるみや人形が恋愛運を下げると出雲阿国はアラートを出した。


 さらに、恋愛運をあげたいという城田に、出雲阿国はシーツを変えるべきだとアドバイス。現在の茶色のシーツは「気分を落ち着かせる色」だといい、ワクワクしたい、恋愛センサーを働かす為には薄い明るい色にすべきだと語った。


 携帯電話を枕元に置くのも絶対にNGだそうで、「電波は熟睡を阻害する」「目覚まし時計代わりに使ってはダメ」と出雲阿国は注意。城田は出雲阿国に納得した様子だった。


(c)AbemaTV