箱根駅伝の写真を約5時間半撮り続ける カメラマンを救った「オムツ」

ざっくり言うと

  • 箱根駅伝の選手たちを撮影するカメラマンが、その過酷さを明かしている
  • 吹きさらしの寒いトラックの荷台で、約5時間半も選手を撮影し続ける
  • 尿意との戦いもあり、元旦から水分を制限して、オムツも着用するという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング