『映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』が初登場以来の首位返り咲き!/[c]LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト 2016

写真拡大

1月7・8日の観客動員ランキングは『映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』が前週5位からジャンプアップし、首位に返り咲いた。

【写真を見る】『バイオハザード:ザ・ファイナル』が好調をキープ!

初登場した12月17・18日の週末以来3週間ぶりの首位を獲得した『妖怪ウォッチ映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』。土日2日間で動員19万4400人、興収2億2500万円を記録し、冬休みが終わりを告げる1月7日〜9日の3連休に、ファミリー映画としての強さを発揮した。

2位は、公開から2週連続で首位を獲得していた『バイオハザード:ザ・ファイナル』。順位は一歩後退したが、動員18万5700人、興収2億8600万円と数字としては依然好調で、興行収入では『妖怪ウォッチ映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』を上回った。前作『バイオハザードV リトリビューション』(12)と比べても、公開18日までの同日比が113%と順調な興行を続けている。

年末年始で劇的に数字を伸ばし、驚異の再浮上を見せた『君の名は。』が3位。累計興行収入は229億2500万円を突破したが、1月13日(金)から公開されるIMAX版の成績しだいでは、さらなる飛躍も期待される。

今回、初登場作品で唯一ランクインした『傷物語〈III 冷血篇〉』は9位。西尾維新原作の「物語」シリーズを映画化した劇場版アニメ3部作の最終章で、1作目、2作目に続く初登場トップ10入りとなった。また、10位の『この世界の片隅に』も公開9週目ながら、見事トップ10をキープ。上映スクリーンが増えたことも追い風となり、累計興行収入で11億円を達成した。

トップ10に4作品がランクインするなど、今週も邦画アニメの健闘が目立った。2016年から続くこの旋風は、まだまだ続きそうだ。【トライワークス】