ユン・ドヒョン、SMの「STATION」49回目の主人公として合流…今夜(11日)MV予告編を公開

写真拡大

歌手のユン・ドヒョンが、SMエンターテインメントのデジタル音源公開チャンネル「STATION」の49回目の主人公として公開された。

ユン・ドヒョンがSMと共同制作して完成させた新曲「Sparks Fly」は、13日午前0時にMelOn、genie、NAVER MUSICなど各種音楽配信サイトで公開される予定で、グローバル音楽ファンの爆発的反応が期待される。

「Sparks Fly」は、ユン・ドヒョンの甘美なボーカルとシンガーソングライター・チョクチェの穏やかなギター演奏が完璧に調和を織り成すアコースティックポップジャンルの曲で、歌詞には恋人に対する懐かしさと、愛を夜明け前に光る金星に比喩したロマンチックな内容を含んでいて、心温まる感性が盛り込まれた歌ですでに多くの人気を受ける予感がしている。

ユン・ドヒョンは「君を送って」「愛Two」「愛してしまったみたい」「私は蝶々」など多数のヒット曲を誕生させた韓国最高のロックスターであり、放送、ミュージカル、ラジオ、バラエティなど多様な分野でも活躍中であるマルチアーティストだ。

本日(11日) 夜12時にYouTubeのSMTOWNチャネル、NAVER tvcastなどを通して新曲「Sparks Fly」のミュージックビデオの予告映像もオープンになる予定。

そんな彼は昨年10月に「STATION」の38番目の曲である「Nightmare」に参加、Mnetのラッパーサバイバル番組「SHOW ME THE MONEY 5」で強い印象を残したラッパーReddyとG2、インストゥルメンタル・プログレッシブ・メタルバンドのInlayer(インレイヤー)、最近華麗にカムバックを果たしたNCT 127のジョニーと最高のコラボレーションを披露し、注目を集めた。