写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東洋紡とユニオンツールは1月11日、東洋紡のフィルム状導電素材「COCOMI」を使った居眠り運転検知システムを共同で開発したと発表した。

両社は2011年より眠気を検知するアルゴリズムの開発を行ってきた。同アルゴリズムは、心拍周期が特定パターンを示すと眠気が生じていると判断するもので、すでにユニオンツールでは、同アルゴリズムを用いた居眠り運転検知システムの販売を2015年より行ってきていた。

今回開発したシステムは、心拍周期の検出に東洋紡のCOCOMIを使用した肌着を用いることで、従来システムと比べ、検出精度はそのままに、装着時の着心地を改善することに成功したという。

なお、同システムは2017年中の販売に向け、現在、中日臨海バスにて実証実験を行っている段階にあるという。

(小林行雄)