写真提供:マイナビニュース

写真拡大

NECは1月11日、オリックス八ヶ岳農園に農業ICTクラウドサービスを提供したと明らかにした。オリックス八ヶ岳農園は同サービスを活用し、生食用葉物野菜の水耕栽培を行うハウス内に設置した温度・湿度・水温などのセンサから環境データを収集・蓄積。これにより、ハウス環境を見える化し、作業負荷の軽減および生産効率の向上を図り、野菜の安定供給を目指す。

オリックス八ヶ岳農園は、オリックスと農業生産法人である本多園芸が共同で設立した農業法人。2015年9月から、長野県八ヶ岳高原で運営する太陽光利用型の水耕栽培施設において、ほうれん草やルッコラなどの生食用葉物野菜を生産している。

NECはオリックス八ヶ岳農園に、IoT/M2Mソリューション「CONNEXIVE(コネクシブ)」を施設園芸の監視に活用した農業ICTクラウドサービスを提供。具体的には、水耕栽培を行うハウス内に温度・湿度・炭酸ガス濃度・照度・水温のセンサを設置し、データを定期的に収集してNECのクラウドに蓄積する。

これらのデータはグラフ化され、パソコンやスマートフォンの画面に表示できるため、ハウス内の環境を遠隔地からでもリアルタイムに把握可能となります。また、高温・低温などハウス内の異常を検出すると、即時に電子メールで通知。これにより、ハウス内の状態確認時における作業負荷の軽減や、収集したデータの活用による生産ノウハウの蓄積や生産効率の向上、品質・生産量の安定化などを実現するという。

(岩井 健太)