ヒョンビン、恋人カン・ソラについて言及「交際は事実と伝えただけ」

写真拡大

ヒョンビンが恋人のカン・ソラについて言及した。

映画「共助」(監督:キム・ソンフン、制作:JKフィルム) に出演したヒョンビンは、11日の午前、ソウル鐘路(チョンノ) 区三清洞(サムチョンドン) で行われたTVレポートとのインタビューで恋人カン・ソラについて話した。

この日は「カン・ソラはVIP試写会には来られないと思う」とし「プライベートの部分については話したくない」と言葉を慎んだ。

続けて、それでも公開交際を選んだことについて「事実だから認めた」と述べ「事実なので、そのように話しただけで、プライベートをオープンにしようというわけではない」と伝えた。

ヒョンビンとカン・ソラは、現在交際2ヶ月だ。彼らは昨年10月頃、カン・ソラが新しい所属事務所を探すために関係者とコンタクトしていた時に偶然出会った。カン・ソラに好意を抱いたヒョンビンは気持ちを打ち明け、すぐに恋人関係に発展。

ヒョンビンとユ・ヘジンが出演した映画「共助」は、韓国に隠れた北朝鮮の犯罪組織を捕まえるために韓国・北朝鮮初の共助捜査をする南北刑事たちの物語。任務を完遂しなければならない特殊部隊の北朝鮮刑事リム・チョルリョン(ヒョンビン) と、任務を防がなければならない生計型韓国刑事カン・ジンテ(ユ・ヘジン) のチームプレーを描く。韓国で今月18日に公開。