「不夜城」チョン・ヘイン、イ・ヨウォンのスパイに?チン・グが疑う

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
チン・グがチョン・ヘインを疑った。

10日に韓国で放送されたMBC「不夜城」で、タク(チョン・ヘイン) はイギョン(イ・ヨウォン) のスパイになった。タクはイギョンの指示を受け、セジン(AFTERSCHOOL ユイ) と一緒に働くことになった。

タクはセジンに隠れてイギョンにセジンの状況を報告し、これがゴヌ(チン・グ) の部下であるムン室長にバレてしまう。

ムン室長はタクの携帯が2台あることを見て、これをセジンとゴヌに話す。セジンはそんなはずはないと言うが、ゴヌはタクを疑う。ゴヌは最終的にタクの体をチェックしたが、携帯は見つからず、セジンはタクに謝った。

しかし、これもイギョンの計画であり、タクはイギョンの指示を受けて姿を消した。