11日、日本のテレビで放送されているグーグルのCMを台湾メディアが取り上げ、話題になっている。

写真拡大

2017年1月11日、日本のテレビで放送されているグーグルのCMを台湾メディアが取り上げ、話題になっている。

アジア初となる同性婚の合法化を進めている台湾では同性愛に対する関心度が高く、台湾メディアのETtodayはグーグルの「今年は『やりたい』からはじめよう」を趣旨としたCMに対し、ネットで若者男性のやりたいことが注目を集めていると紹介した。

CMでは、老若男女が2017年にやりたいことを語っており、動画開始39秒すぎに登場する若者男性は「彼に気持ちを伝えたい」と語った。これに台湾のネットユーザーが反応し、男性を祝福しエールを送る声が集まった。動画を見たネットユーザーからは同性愛に関するコメントが多数投稿され、男性の勇気に感動したと語る声がある一方で、「告白することで今の関係が壊れてしまう」と慎重に行動すべきとの意見も寄せられた。(翻訳・編集/内山)